まつ毛の手入れをする女性

長くふさふさなまつげは目を大きく見せる効果があります。
マスカラなどでその効果を実感している人は多いでしょう。
でも、自分は短くてなんだか貧相…。
その原因はゴシゴシクレンジングや洗い残しにあるんです。
まつげは髪の毛に比べると伸びる速度は遅く、1日0.1mm~0.2mmだと言われています。
髪の毛が0.3mm~0.5mmと言われているので、伸びるスピードは髪の毛の半分以下になります。
そして生え変わりの周期も早く、半月ほどだと言われています。
なかなか伸びないまつげにとって、メイクとメイク落としには大きな負担がかかっています。
特にクレンジングの時、しっかり付けたマスカラやにじまないアイラインやアイシャドーを落とすのに、ゴシゴシと力を入れてクレンジングしてしまいがちです。
水では落ちないメイクをしっかり落とすため、根本までクレンジング剤を付けたのは良いけれど、しっかりとすすぎができていないことも多いのです。
この洗い残しはまつげの成長を妨げてしまう原因にもなるのです。
もともと伸びにくい上にメイクやクレンジングによるダメージを受けると、まつげはしっかりと成長してくれなくて、まばらだったり短いまつげになってしまうのです。
対処法は、クレンジングをした後にしっかりとクレンジング剤を落とすこと。
また、まつげだけではなく目の周りは皮膚が薄くてデリケートな場所です。
アイメイク用のクレンジング剤をコットンにつけ、瞼の上にのせてしばらく置き、やさしく拭き取ります。
様々なクレンジングを比較して使用してみるのも効果的でしょう。
負担のかかりやすいまつげだからこそクレンジング選びは重要になります。
保湿クリームまた、保湿も重要になります。
専用の美容液を使ったり、いつも使っている保湿クリームやリップクリームで保湿すると、根本まで栄養が行き届くようになり、濃いまつげが成長してきます。
傷んだまつげをケアするには市販のまつげ美容液で十分かもしれませんが、抜けて無くなってしまったまつげを取り戻したり、量を増やしてまつげ自体の長さを伸ばすなら断然まつげ育毛剤が効果的です。
まつげ育毛剤なら医薬品であるルミガンがおすすめです。
まつ毛の密度を増やしたい方はルミガンを通販してみるとよろしいです。
美容外科や皮膚科でも処方されていますが、保険適用とならないので通販される方が安く購入することができます。
ルミガンはもともと緑内障の治療薬でしたので、実際の医療現場でも使われている医薬品です。
しかし医薬品ですので、個人差はありますが副作用もあるのです。
ルミガンの副作用とはいったいどのようなものなのかというと、色素沈着や目の充血などがあります。
色素沈着を予防する方法としてはルミガンを塗布する前にまぶたにクリームを塗っておくのが効果的とされています。
医薬品を使う時はこのようなポイントを知っておいたうえで使用するのがベストといえるでしょう。